TCD初のグリッドレイアウト。アクションにもこだわりを発揮

TCD初となるグリッドレイアウトのWordPressテーマ「Grider」を2013年12月16日にリリース。当時はまだ海外のWordpressテーマにデザインレベル、機能性ともに大きく溝を開けられていた時代です。「日本語のテンプレートの方が使いやすいけど、良いものが全然ない」と言われていた時代なのです。そうした状況を打開するために、我々は国内のWordPressテーマにはないものをつくりたい、世界に追いつきたいという意欲に湧いていました。「Grider」はその先駆者でもあります。

レスポンシブかつ、グリッドレイアウト。さらにネイティブアドを指定した間隔で挿入する試みも初めて導入しました。グリッドレイアウト自体は2011年頃から出始めていたものの、まだ世の中に浸透しているわけではなく、さらにはウェブテンプレートとして出している例は国内ではおそらくTCDが初かもしれません(もしかしたら他で存在してたかもだけど)。そういった意味でもユーザーには新鮮さを与えられたWordPressテーマなのです。

また、カードの表示方法やローディングなど、アクション部分にもこだわったテーマでもあります。動きの部分での気持ちよさを追求し始めたのもこの頃です。

URL
http://wp-dp.com/wp015/
カテゴリー
ブログ
販売ページ
https://design-plus1.com/tcd-w/tcd015/
リリース日
2013年12月16日
ブログ一覧